【こころの持ち方】完璧を手放して前に進む選択

query_builder 2022/07/05
マインド心理学
名称未設定のデザイン (21)

良いのか悪いのか、

完璧を求めることが少なくなりました。

完璧は、自分で勝手に作り上げている虚像。
完璧なものはなくって、完璧な人はいなくって、
完璧な状態はないことに気づいたからでしょうか。

「もっともっと」と今より良い状態を求めるのは
前向きで良いことなのかもしれませんが、


「もっともっと」の原因が

他人からの評価を意識してだと息切れしてしまう。

ある程度、適当なところで納得して前に進む。
このスタンスを大切にしています。

「適当」と聞くとマイナスのイメージがあるかもしれませんが、
本来「適当」には良い意味と悪い意味があります。

良い意味:程よい、相応しい
悪い意味:いい加減、雑

「テキトー」とカタカナで表記したり、
どちらかというと日本では悪い意味で使われることが多いように思いますが、
お隣韓国ではそれほどではないようです。

今日の読書会では韓国出身の方が参加され
教えていただきました。

韓国語にも同じ漢字を使って「適当」という言葉があるけれど、
あまりマイナスな意味はなく、

「普通」というニュアンスの意味で使われるらしい。

急に読書会の幅が国際的になり、賢くなった気分でした。
やはり文化の違う人との会話は、学ぶことが多く面白い。

文化の違いを知ることで、他者との違いを知ることで、
日本らしさ、自分らしさがわかってくる。

ゆるゆる読書会。
毎週無理なく、適当に開催しているからこそ、
続けられているのだと思います。



朝の読書会、毎週火曜日と木曜日の朝に開催しています。

テレワーク勤務の方も参加しやすい

火曜日の8:00-8:45の時間帯が比較的空いてます。


仕事に入る前に、自分の時間を作ってみませんか?

詳細はこちら



----------------------------------------------------------------------

和然旅塾

住所:神奈川県横浜市

電話番号:050-3559-3587

*電話はつながらないことがありますので、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

----------------------------------------------------------------------